トロントからクロネコヤマトの詰め放題プランを使う時の注意点

カナダで留学やワーキングホリデーをしている方で、帰国日が近づいている方も多いのではないでしょうか。ついつい荷物が増えすぎてしまい、日本に持ち帰るのが困難という方も多いです。僕もその1人でした。しかし、カナダポストの利用や船便、国際宅急便の利用は高値での発送になってしまいます。
そんな時に便利なのが、クロネコヤマト宅急便の詰め放題プランです。

スポンサーリンク

詰め放題プランとは

クロネコヤマト宅急便の国際サービスで、25キロ以内であればクロネコヤマトが定める規定のサイズダンボール(S・M・L)に好きなだけで詰めることができ、送料はそれぞれ

Sサイズ  60ドル
Mサイズ 85ドル
Lサイズ 110ドル

となっています。
※2017年から価格変更となり、送料が値上がりしています。

公式ホームページより詳細が確認できますので、ご確認ください
→ クロネコヤマト詰め放題

以前バンクーバーに住んでいた時にこちらの詰め放題を利用し、日本に荷物を送っていたため今回も同様に送ろうと考えていました。

しかし、、、

発送時の注意点①取扱店が少ない

トロントから実際に発送しようとすると、まず市内中心部に取扱店がありません。
取扱店があるのは2017年12月現在、JtownにあるJapan beauty imagesのみで、他の方法はミシサガにあるクロネコヤマトのトロント支店に持っていく方法の2択です。
google mapで確認した所、ミシサガの支店はアクセスが悪かったため、僕はJapan beauty amagesに荷物を持って行くことに決めました。

J townはトロント最北端のFinch駅からさらにバスで移動し20~30分前後かかります。滞在地にもよりますが、乗り換えなどを含めると片道トータル1時間半前後かかると見積もっておいた方が良いでしょう。これが最初の注意点です。

発送時の注意点②自分の荷物は発送できない

地下鉄とバスを乗り継ぎ、Japan beauty imagesまでやってきました!
J townだけあって、スタッフは全員日本人です。
さっそく手続きをしようとスタッフに声をかけると

スタッフ「最近荷物の規定が変わって、詰め放題で個人の物は送れないんです
 私    「…え?Σ(゚Д゚)」

スタッフに詳しく話を聞くと、お土産などを送る場合のみ詰め放題プランを適用することができ、自分の私物(服や教科書など)は送ることが出来ないということ。

半年前にバンクーバーで利用した時には制限が無く発送出来たのですが、州によって取り決めが違うのか、僕が利用していた時と規定が変わったのか不明ですが、いずれにせよ利用できないとのことでした。

しかし、ここまで重い荷物を持ってやってきたのにこのまま帰ることは出来ません(T_T)

他の発送方法として、確認してみると国際別送便の船便または航空便、国際宅急便のいずれかとのことでした。
それぞれの違いについてこちらのサイト
日本への荷物の送り方 をご確認ください

僕の場合はカナダ出国後4ヶ月間中南米を旅行するという事情もあり、国際宅急便にて実家宛に送る事にしました。
重量ごとに価格設定が異なるため、荷物を2/3程度に減らし10キロ以内の価格設定の範囲内で発送しました。それでも、詰め放題プランよりも発送料が少し高くなってしまいます。
※値段は燃油費により変動するとのこと。

詰め放題プランで送れると思って行くと、精神的なダメージが大きいので事前に確認しておくと良いかと思います。

スポンサーリンク

フォローする