バンクーバーで理想のシェアハウスの探し方〜まれにいる仲介業者を探す〜

バンクーバー_170405_0006

ホームステイの期限である4週間が過ぎたため、シェアハウスに引っ越しました(^^)
Nanaimo駅の目の前で、駅まで徒歩3分くらいの場所で韓国人1人とのシェアで390ドルです。

立地や部屋の状態にもよりますが、バンクーバーでは500ドル前後がシェアハウスの相場と言われているので破格の安さです。

今回はどのようにして、この物件を見つけたのかを書いていきます☆

スポンサーリンク

シェアハウスの探し方

僕が主に使ったのはJPカナダの物件検索です。

JPカナダは現地の留学エージェントであり、部屋探しや職探しの掲示板としても広く使われます。この掲示板はエージェントを利用していなくても誰でも自由に使えるので、とても便利です。

日本語で書かれている物件・英語で書かれている物件とありますが、日本語で書かれている物件も大半のオーナーが外国人であり、日本人の知人やその物件に入居している日本人などを介して書いているので、基本的にアポ取り連絡や直接を物件を見に行った際のやり取りは英語と考えた方が良いです。

この掲示板に書かれている物件を数十件見ているとわかるのですが、連絡欄に「レオまで(英語のみ)」と書かれている物件が多数あります。どうやら日本で言う不動産の仲介会社のような役割を担っているようです。通常カナダでは不動産会社は無く、オーナーとの直接的なやり取りで決める場合がほとんどです。

今回、希望のシェアハウスがたまたまレオさんが仲介している物件だったのでレオさんに連絡を取り、家の前で待ち合わせをすることになりました。

アジア人風な顔立ちのレオさんが来ました。選んだシェアハウスは280ドルの激安シェアハウスでした。しかし、実際に中を覗かせてもらうと、家の中はカビのような匂いが立ち込めていたり、鍵のかかる自分の部屋は無く、リビングにベッドが置かれていてカーテンで仕切って自分のスペースにするというものでした。さすがに、個室が無いのは無理なので断りました。安いには安いなりの理由があるので、実際自分の目で確認してから慎重に決めないといけません(*_*) 

ここからレオさんの力が発揮されます。多数の物件を抱えているため、自分の希望金額の値段と住みたいエリアを伝えれば、その場で物件を情報を見せてくれ、大家にアポ取りもしてくれます。時間があれば、アポが取れた物件にそのまま行くことも出来ます。

僕は場合は夕方だったので翌日に行かせてもらい、希望の物件を押さえる事が出来ました。前述でもあるようにカナダではこういった仲介業をやっている人は稀なので、たまたま見つけたら、思い切って希望の条件をなるべく多く出し紹介してもらうのも手です。自分で一軒一軒の物件をチェックする手間も時間も大幅に省くことが出来ます。

物件探しの段階で同じ名前の人が何件も出てきたら、その段階で物件を探している旨のメッセージを送って紹介してもらうのを手です。とにかく、自分をアピールしたり希望を伝える事が大切です!

家探しをお考えの方はぜひ検討してみてください(^^)

スポンサーリンク

フォローする