フィリピンでのジプニー利用は危険がいっぱい

images (1)

ジプニーとはフィリピン人にとって最もポピュラーで安価な公共の乗り物で『乗り合いバス』とも言われています。

見た目はすごい派手でデコトラならぬデコバスという感じです(^_^;)

こんな感じ

images (2)

街中至るところに、本当に至るところに走っています。いつでもどこでも乗ることが出来ます。

乗り方は簡単。

ジプニーを見かけたらタクシーと同じ要領で、手を挙げるなり何らかのサインを出してジプニーを止め、ドライバーに行き先を告げジプニーに乗り込みます。バス停なんてありません。

それぞれのエリアで決まったルートを走っているため、自分が行きたい場所をちゃんと通過するか確認しましょう。事前に伝えておけば、その場所を通る時に止まってくれます。

だいたい7〜9ペソ(日本円にして約20〜30円)で市内の主要なモールまで行くことが出来ます。めっちゃ安いです。タクシーで行ったら10倍程度かかります。(まぁそれでも日本に比べたら遥かに安いですが…笑)

スポンサーリンク

できることならジプニー利用は避けた方が良い!

さてここからが本題です!!!

安くて乗り方も簡単。しかもどこからでも乗れるし自分の好きな所で降りれる。

しかし、決まって留学エージェントや学校スタッフから『ジプニーには乗らないように!

と言われます。

なぜか??

それは盗難被害が圧倒的に多いからです。

あまりの安さや好奇心、利便性からついつい利用してしまうジプニー。

僕も毎週のように利用してモール街に出ていました。

「盗難被害が多いと言っても貴重品を最小限にして、しっかりバッグを抱えていれば大丈夫だろう」

そう思って毎週乗ってました。だって安いんだもん(´・ω・`)

しかし、昨日夕食に連れて行ってくれた同じ学校の友人の話を聞いて、その考えが吹っ飛びました。

僕「どうする?モールまでジプニーで行く?」

友人「オレ、ジプニーで携帯取られた事があるので、それ以来乗らないようにしてます』

僕「ん(・∀・)??…えっ(°□°)??!!」

マジかよ?!!!!!

取られるっていう報告は聞いていたけど、本当に取られた人の話を聞くのは初めてです(-_-;)

彼は斜めがけバッグの中に携帯電話を入れて、バッグを肩に掛けながら左手でもバッグを支えて注意を払いながら乗っていたそうですが、それでも取られたそうです。

どのタイミングで取られたかは認識出来ず、ジプニー乗車前は確実にあった事が確認できており、走行中に無くなった事に気付いたそうです。

注意を払っていたにも関わらず盗難されるという、本当にプロの手口としか言いようがありません。盗難の噂は事実でした(@_@;)

決して興味本位でジプニーに乗ってはいけません。もしどうしても乗りたい、または乗らなければない時は必要最低限の金額だけ持ち、携帯電話やクレジットカードなどは決して持ち込まないようにしましょう。マジで取られます。それも気づかない間に…

留学生のみなさん、観光で来る皆さん、本当に気をつけましょう。

僕も今後利用は極力控えます(-_-;)